キレイライフスタイル(住い)

住い

〜最新記事〜

読み込み中

【リノベ暮らしな人々】Vol.46
フレンチスタイルの戸建てリノベーション

 これまで住んでいた世田谷区の環境が気に入り、同じエリアで中古の戸建てを探していたFさん。気に入った物件は築年数7年とそれほど古いわけではないけれど、なんとなく味気ない住まいがしっくりこない…。そこで、リノベーションをしてフレンチテイストの内装に変えることに決めました。

住まい探しのきっかけ

 これまで転勤で各国の海外生活が長かったFさん。お子様が小さいうちは家族一緒でしたが、双子のお子様ももうすぐ中学生になるので、いよいよどこかに落ち着こうということで住まい探しを始めました。
 見つかったのは、世田谷の大通りから少し入った閑静な住宅街。静かで環境の良いところが気に入り、また庭があることや螺旋階段が楽しい家だったことも決め手となりました。

リノベ暮らしこだわりのポイント

 どんな家で暮らしたいのか…まずはイメージづくりから始めるために、図書館でインテリアや住まいの雑誌を見て、気に入った写真をたくさん集めたそうです。これは打合せのときにとても役に立ちました。それらを見ながら、デザイナーとイメージを共有することができるので話がスムーズに進み、色や材料を決めるときにもわかりやすかったそうです。

●リビングルーム

アンティークの家具に合わせ、リビングのドアはステンドグラスをはめたものに変え、フローリングは寄木張りにしました。中庭から入るやわらかな光が心地よいリビングです。

●洗面室・浴室

洗面室と浴室は同じタイルで一続きにして統一感を出しています。淡いグリーンのタイルで海外の浴室のような雰囲気になりました。


写真でみるビフォーアフター

BEFORE

なんとなく味気ないイメージが・・・

AFTERE

住まいに動きをつけている螺旋階段はそのままに、ステンドグラスのある扉や淡いブルーの壁紙、寄木張りの床でクラシックな雰囲気になりました。


 
 

 
+
page top