キレイライフスタイル(住い)

住い

〜最新記事〜

読み込み中

【リノベ暮らしな人々】Vol.45 
ユカMANIA

 とにかくインテリア好きのご主人が、コレクションしているインテリアのためにつくった住まい。自慢のコレクションをどう魅せるか、リビングを中心にアイディアが散りばめられたユカMANIAの住まいです。

住まい探しのきっかけ

 お子様が生まれ、以前の家が手狭になってきたのを機に引越しを決意したUさん。
 インテリアが大好きで、手持ちの家具コレクションを活かせる家への憧れもあり、すぐにでも引越しをしたいと考えていました。早速ご夫婦で何件か内覧をし、築浅で十分な広さのある物件に出会ったUさん。奥様の実家にも近く条件はクリアしていたものの、このままではせっかくのインテリアが映えないと思い、自分の思いのままにつくりかえられるリノベーションをしようと考え始めたそうです。

リノベ暮らしこだわりのポイント

 ご主人は、北欧デザインやミッドセンチュリーの家具が大好き。集めた家具のコレクションを、リビングに年代別にディスプレイしたいと考えていました。しかし、リビングを壁で間仕切ってしまうと、それぞれのスペースが狭くなってしまいます。そんなUさんにデザイナーが提案したのは、床のフローリングの張り方を変える事で空間を3つにゾーニングするというプラン。このアイディアには、ご主人も驚きだったとか。

 「市松張りや、ヘリンボーン、色んな張り方に興味はありましたが、全てをひとつの空間に共演させるなんて考えてもみなかったです」とご主人。リビングダイニングスペースは市松張り、キッズスペースはヘリンボーン、そしてキッチンとリビングダイニングを仕切る廊下の部分はフローリングを真っすぐに張っています。見て楽しい、歩いて楽しい空間が完成しました。

写真でみるビフォーアフター

BEFORE            AFTER

 
 

 
+
page top