キレイライフスタイル(住い)

住い

〜最新記事〜

読み込み中

【リノベ暮らしな人々】Vol.43 
木と珪藻土で実現したスローライフリノベーション

【リノベ暮らしな人々】Vol.43 木と珪藻土で実現したスローライフリノベーション
元々、どこへ行くにもバスや地下鉄を利用していたSさん。札幌の中古住宅の売り物件では珍しい、駐車スペースが無く敷地の狭い小さな住宅は、Sさんの暮らしにはぴったりの物件でした。今回は、広いリビングでゆったりとくつろぎたいという希望をリノベーションで叶えたS様邸をレポートします。

住まい探しのきっかけ

お子様の成長につれ、暮らしていた賃貸住宅では手狭になったことをきっかけに、家族の一員でもある3匹の大好きな猫たちものびのびと暮らせて、子育てにも向いている環境の一戸建てを探していたSさん。

近くで開催していたオープンハウスに参加して、自分たちでも手の届く、新しい住まい方で「中古住宅+リノベーション」という方法を知り、好きな家具や雑貨にも合う、理想のマイホームの実現に向けて動き出しました。

リノベ暮らしのポイント

アルティザン建築工房の設計士さんがSさんに初めて会った時の印象は、「どこか、懐かしい」感じだったそうです。というのも、前のSさんの住まいでの打ち合わせは、丸いちゃぶ台で、照明は裸電球という、昭和レトロを感じさせる佇まい。そこかしこに、懐かしい家具や雑貨が置いてあったそうです。

そこで設計プランニングは、屋根勾配を変えて、日光をたっぷり取り入れられるようにして、昔の映画のようにゴロゴロと猫たちがひなたぼっこができる広いリビングを提案。また、2階は木材をふんだんに使いシンプルでありながら、遊び心をいっぱいに取り入れたデザインを提案したそうです。

天井の高いリビングにはロフトを設けて空間を有効活用。 家中の壁は珪藻士の塗り壁、床はやさしいパイン無垢材を使用しています

 シンプルな使い勝手とデザインがお好きな奥様のこだわりで、キッチンは業務用仕様。洗面台も実験室で使われているような、大きくてシンプルな流しを採用しました。

ダキッチンは奥様のこだわりで業務用仕様

洗面台は実験室の流しを採用

ロフトスペースは、荷物置場として活用しているほか、 猫たちの遊び場にもなっています

外壁は白のガルバリウム鋼板(※1)に道南杉(※2)をアクセントで入れることで、シャープな印象の外観を作り上げています。正面道路の向こう側には、マンションが建ち並んでいるため、バルコニーの手すりを少し高めにして、外壁に溶け込むデザインにしています。
※1 アルミと亜鉛で鉄を守っていることで耐久性に優れた鋼板のこと。1972年にアメリカで開発された新しい金属素材。
※2 スギは日本の代表的な針葉樹で、一般的に本州北部から屋久島まで分布していますが、北海道南部地方にスギ林があり、このスギ林の木材が道南杉と呼ばれています。

写真で見るビフォーアフター

 【Before】
 【After】
 【玄関Before】
 【玄関After】
 【外観Before】
 【外観After】
リノベ暮らしInfo
■家族構成: 夫婦2人(30代)+子ども1人+猫3匹
■専有面積: 70.26m2
■既存建物竣工年: 昭和45年10月築
 ■リノベーション費用: 約1200万
■設計・プランニング:  株式会社アルティザン建築工房

■取材後記■

お引き渡し後にS様宅をご訪問したところ、「広いリビングでは子どもがのびのびと走り回っています。猫達は、高さを猫目線に合わせた玄関横の小窓から、通りを歩く人を眺めて楽しそうにしています。私も主人も視線を気にせずくつろげるバルコニーで夕涼みをすることも多いんですよ」と新しい住まいにご満足の様子の奥様でした。

 
 
 

 
+
page top