キレイライフスタイル(住い)

住い

〜最新記事〜

読み込み中

マイホーム購入時に利用したい税金の優遇


 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。住宅ローンを利用してマイホームを購入する時に、所得税が一部控除される制度があります。「住宅ローン減税」と呼ばれる制度ですが、特に今、2014年4月からの消費税率引き上げと併せて拡充されるその内容に注目が集まっています。

 

<そもそも、住宅ローン減税とは?>

 住宅ローン減税とは、マイホーム取得のために住宅ローンを組んだ際、ローン残高に応じ一定期間、一定割合について所得税・住民税から控除が受けられる制度です。制度の適用を受ける年の12月31日に居住していること、50平米以上の物件であること、10年以上の返済期間があること、などの条件を満たすと受けることができます。 現在の減税内容は年末ローン残高(最大2000万円)の1%、10年間の適用が受けられるため、最大200万円の減税効果があります。会社員の場合、初年度は確定申告を行い、2年目以降は会社の年末調整で適用をうけます。まずは、支払っている所得税から控除を受け、控除しきれなかった金額については、上限97,500円まで住民税からも控除を受けられる制度になっています。

<拡充される制度の概要は?>

 この制度について、「消費税の引き上げによりマイホームを取得しにくくなる」ということを和らげるため、現在拡充が検討されているのです。

 

1.ローン残高限度額の引き上げ

年末残高限度額
 
2000万円→4000万円
最大控除額
 
200万円(年間20万円)→400万円(年間40万円)


2.住民税からの控除額上限の引き上げげ

 所得税から控除し切れなかった場合、住民税からも控除が受けられます。その住民税からの控除額についても拡充される予定です。

現在  97,500円
予定  136,500円


3.注目の現金給付措置

 最大控除額が400万円(年間40万円)まで拡大されても、所得税・住民税が多くない場合、恩恵を十分に受け切れません(支払っている税額以上に控除は受けられない)。そのため年収510万円以下の人を対象に10〜30万円の現金を給付することも検討されています。
  後ほど、さらに詳しくお伝えしますが、消費税は建物価格にしかからしかないため、この拡充でカバーできる部分が多いのです。ただ、本当に重要なのは、現在の頭金の準備状況や、今後の返済計画になります。まずは、今の家計状況に無理がない返済計画になっているか、購入に踏み切る前にじっくり考えたいですね。
風呂内 亜矢(ふろうち あや)

ファイナンシャルプランナー、マンションオーナー
 
  <プロフィール>

1978年生まれ。岡山出身。26歳の時、自宅用としてマンションを購入。

その後、投資不動産会社に転職&上京。購入したマンションの賃貸経営をスタートする。

 

はじめてのマンション購入時に物件価格以外にも費用がかかること、修繕積立金などの費用上昇があることを知り、

慌ててお金の勉強と貯蓄を始める。3回以上見ても欲しい物だけを買う、友人との食事はディナーではなくランチに切り替えるなどの節約を始める。

自身の購入体験と、営業時代に受けたご相談などを元にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、セミナーなどでお金に関する情報を発信している。

現在は夫婦で4部屋のマンションを保有。

 

CFP(R)認定者、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー

公式HP:http://www.furouchi.com/


+
page top