キレイライフスタイル(住い)

住い

〜最新記事〜

読み込み中

26歳の私が大家になったワケ (風呂内 亜矢)


  現在、私は2部屋のマンションを所有し、毎月定期的な収入を得ています。また、前職の不動産会社では入社2年目で2億円を売上げ、年間トップ賞を獲得し、会社初の女性マネージャーも経験しました。これは私がマンション投資のよさを皆さんにお伝えしたいという強い情熱からの結果なのだと感じています。
 
こんな私ではありますが、はじめからマンション投資に興味があったわけではありません。私の転機は26歳の頃、実家から独り立ちを考えていた時のことでした。契約した賃貸が、オーナーの都合で契約が白紙状態になってしまったのです。このことがきっかけで、マンションを自分で買いたいと思い始めました。
 
はじめは「家賃より住宅ローンのほうが安い」と考えたり、「大家になったら賃料収入が得られる!」と夢を見るばかりでした。しかし、いざ買うとなると、分譲価格以外に必要な費用や、賃貸に出す場合の家賃相場、ローンの組み方についても研究するようになりました。さらに転職先の不動産営業の仕事のなかで、お客様の対応を繰り返すうちに、ポイントをおさえれば、「失敗しないマンション購入の方法はある!」と確信を持つようになりました。
 
不動産業関連の知識があまりない女性にとって、マンション投資は敷居が高いという印象をお持ちかもしれません。それは、不動産相場の調べ方、住宅ローンの選び方、不動産を所有することでかかるコストなどがわかりにくいからです。しかし、ポイントをおさえれば誰もが実践できることばかりなのです。
 
このコラムではマンション購入前に知っておきたい、いくつかのポイントをわかりやすくお伝えしていきます。私と一緒に、マンションとの上手な付き合い方を身につけていきましょう。
 
風呂内 亜矢(ふろうち あや)

ファイナンシャルプランナー、マンションオーナー
 
  <プロフィール>

1978年生まれ。岡山出身。26歳の時、自宅用としてマンションを購入。

その後、投資不動産会社に転職&上京。購入したマンションの賃貸経営をスタートする。

 

はじめてのマンション購入時に物件価格以外にも費用がかかること、修繕積立金などの費用上昇があることを知り、

慌ててお金の勉強と貯蓄を始める。3回以上見ても欲しい物だけを買う、友人との食事はディナーではなくランチに切り替えるなどの節約を始める。

自身の購入体験と、営業時代に受けたご相談などを元にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、セミナーなどでお金に関する情報を発信している。

現在は夫婦で4部屋のマンションを保有。

 

CFP(R)認定者、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー

公式HP:http://www.furouchi.com/


+
page top