キレイ・ライフスタイル(スリランカ)

特集(スリランカ)

〜最新記事〜

読み込み中
■ミンネリヤ国立公園の「エレファントギャザリング」

 スリランカ中央部に位置するミンネリヤ国立公園では、8〜9月の間、公園内に生息する野生の象が水や草を求めて一箇所に集まる「エレファント・ギャザリング」が見られることで有名です。

 この時期、ミンネリヤ国立公園一帯は乾季の為、同公園内の豊かな生態系を支えるミンネリヤ・タンク(貯水池)の水も少なくなります。日中は日差しが強く暑い為、象は公園内の林の中で休んでいますが、比較的涼しい朝方や夕暮れ時になると、水や草を求めてどこからともなく群れとなり集まってきます。立派な牙をたくわえたオスの象や、母親にしっかりと寄り添う子象など、数十頭がのんびりと草を食んだり、水浴びをしたりする姿は迫力満点です。


 「ナショナル・ジオグラフィック」誌も、世界におけるアニマル・スペクタクルの1つと謳っている「エレファント・ギャザリング」。その壮観な光景に出合える期間は、1年の内この2ヶ月のみです

+
page top