キレイ・ライフスタイル(スリランカ)

特集(スリランカ)

〜最新記事〜

読み込み中
■緑豊かな平原の中に突然現れる、巨大な奇岩

<シーギリア・ロック>
 スリランカにある世界遺産のひとつ、古代都市シーギリアの「シーギリア・ロック」

 シーギリアは、スリランカ文化三角地帯のダンブッラとバラナ間のイナマルワ・ジャンクションを東へ10キロメートルほど入ったところに位置する古代都市です。シーギリヤを訪れる誰もを圧倒するのは、頭上に広がる標高200メートルの岩山の迫力。5世紀にカーシャパによって建てられた巨大な要塞、それがシーギリア・ロックです。

 ひな壇式の庭園を通ってみえてくる岩の階段を登ると「ミラー・ウォール(鏡の回廊)」に辿り着きます。自分の姿が映るようになるまで丹念に磨かれた壁であることに由来して、その名がつきました。ここには、カーシャパの悲劇のも物語である叙事詩や初期の訪問者による詩などが掘り綴られています。


+
page top