キレイ・ライフスタイル(その他)

〜最新記事〜

読み込み中

両親への結婚のあいさつ 手土産の選び方、渡し方

 
結婚をすることに決め、互いの親の自宅にあいさつに行くことになった時、手土産を持っていくのが一般的です。ただでさえ緊張するあいさつ。手土産で失敗したくはありませんよね。「手土産の相場は?」「手土産にはどんなものがふさわしい?」「のしは?」「渡し方は?」といった、結婚のあいさつの手土産についてのポイントをまとめましたので参考にしてください。

 

 

手土産の相場

 

結婚のあいさつの手土産の相場は、3,000円から5,000円が目安と言われています。手土産は、時間を取ってもらったことに対するお礼の意味合いが強いため、あまり高額なものは相手を困らせてしまう場合があります。

 

 

■手土産にはどんなものが良いか?

 

▼住んでいるところの名産品

 

あなたが今住んでいるところとあいさつに伺う場所が離れている場合、住んでいるところの名産品を持っていくと、喜ばれます。「昔から大好き」などの自分なりのエピソードがあると、話題を膨らませ、あいさつの場をなごやかにすることができるでしょう。

 

▼相手の好みを反映した物

 

事前に相手の好みを把握し、好みに合ったものを手土産に持っていくと喜ばれます。住んでいる場所の特色が加わると一層喜ばれることでしょう。例えば、お酒が大好きな方であれば、住んでいる土地の日本酒や焼酎、ビール、ワインなどを手土産とすると喜ばれます。和菓子が大好きな方であれば、家の近所にしかない和菓子を手土産とするなども良いでしょう。

 

縁起物

 

おめでたい結婚のあいさつのため、手土産には縁起が良いとされているものを選ぶという方法もあります。例えば、結婚した2人が年輪を重ねていくという意味で、樹木の年輪模様のバウムクーヘン。「合わさっている」ことから縁起が良いとされている最中やどら焼き。「よろこんぶ」と言われ、縁起物とされる昆布などです。ウンチクであいさつの場を盛り上げることもできるかもしれません。ただ、やりすぎは逆効果の場合もあるのでご注意を。

 

お菓子

 

洋菓子や和菓子などのお菓子は無難です。

 

 

NGポイント、注意点、のしについて、渡すタイミングや方法など、続きは「マイニチウェディング」で

page top