キレイ・ライフスタイル(その他)

〜最新記事〜

読み込み中

女性のキャリア支援コンサルタントの高村 祐規子さん

=日下千帆のキャリアアップインタビュー=

心の支えとなったのは、同様に独立した女性達との絆。
人はやりたい事がある限り頑張れるはず。

 このコラムの記念すべき最初のゲストとなってくれたのは、キャリア&マネー協会の代表を務める高村さん。独立してからこれまで女性専門のキャリアコンサルタントとして活動してきたが、8年目を迎える今年、「資格をお金に換える方法」(中継出版)を執筆し、女性達にこれからの厳しい時代を生き抜く知恵を伝えている。この書籍ではフラワーアレンジメントや管理栄養士など民間資格を取得した12人の女性のケースを紹介し、資格を有効に利用する方法を提案。
 成功している彼女たちの共通のルールは、他人との比較はしない。専門性の深さを極める事だと言う。とは言え長年、会社員として安定した収入を得てきた女性たちにとって資格を取得したからと言って会社を辞めるのは余程の勇気がないとできないはず。


 そこで高村さんご自身が会社を辞めた経緯を伺ってみると、「会社を辞めるきっかけとなったのは、中小企業振興公社が主催したベンチャー支援プロジェクトに応募し、事業プランが採用された事です。実は、募集〆切り二日前に急遽考えたのですが、女性支援という切り口が社会に必要とされていたのだと思います。」と大胆なお答えが返ってきた。フリーになってから大変だったのは、やはり月による収入の増減が大きかった事だと言う。収入がある月もあればゼロの月もある。不安な時は同じように独立した女性同士の繋がりが心の支えとなっていた。逆に独立して良かったと思うのは、会社にいたら知り合えない人たちに出会え、毎日がとても楽しいと感じている事。若い女性達に伝えたいメッセージは、「やりたい事をやってほしい。ただし、好きな事を仕事にするには努力が必要。失敗したら方向転換すれば良い。つまらない事を我慢したまま寿命を迎えるより、自分で選んだ道の方が人生楽しいはず。前向きに行きましょう!」となんとも逞しい。
OL時代より、やりたい事をやっている今の方が幸せ。全て自己責任だが納得感が高いと言う。
この先もどんどん大きく成長しそうな高村さん。第1回のゲストにふさわしい輝ける女性でした。


高村 祐規子

合同会社キャリア&マネー協会代表
女性専門のキャリア支援コンサルタント
 

大学卒業後、(株)ノエビア入社、退社後アメリカ留学
帰国後(株)リクルート入社、
2005年独立、キャリア&マネー協会設立
2012年法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻を卒業

「神楽坂女子倶楽部」を発足させ、女性向けセミナーマガジンを配信。


関連記事

page top